ギャラリー(詳細)

2002 AMH

  • 7_1_7
  • 7_1_8
  • 7_1_9
  • 7_1_10
  • 7_1_11
  • 7_1_12
  • 7_1_13
  • 7_1_14
  • 7_1_15
  • 7_1_16

精神科病院の増築工事として計画されました。
地階・1階に外来・管理部門、2階に老人性痴呆療養病棟、
3階・4階に男女精神科病棟をもち、ベット数は140床あります。
既存棟(本棟竣工後解体)をよける形で計画されたために
得意な平面形状(傾斜した首長三角フラスコ)をもち、
斜面に建つために、断面も上下階では異なるなど、
いくつかの複雑な環境的与条件をシンプルに解答するよう心掛けました。
精神科の基本的機能を満たしつつ、より高い質を持つ空間を目指し、
かつ将来の増築を考慮した計画となっています。

主体構造: RC造 階数: 6(BF1)
敷地面積: 983.18㎡ 建築面積: 983.18㎡
延床面積: 4264.58㎡ 所在地: 熊本
  • PAGE TOP