OFFICE(ポリシー/事務所)

Policy~ポリシー~

かわつひろし建築工房は、機能性や快適性を十分満たした上で際立つデザインを持つ「もの創り」を心掛け、設計活動を行っています。どの建物もクライアントと私達の事務所、施工者による協働の結果として創りだされたものです。

小さな事務所ですが、住宅、事務所、医院、病院、児童福祉施設、保育園、宿泊施設、寺院、店舗、スーパーマーケット、倉庫等、様々なタイプの物件を手掛けてきた点が、私達の事務所のひとつの特徴といえます。それは日常生活が営まれる場である住宅の設計を基本に据えた上で、様々な要望に答えることができる事務所だからだと自負しています。

建築について

自己完結することなく「環境との関係性」を大切にすること。また、色々な意味で「背景」として存在するように心掛けること。そして、美しいこと。これが、私達の考える「建築」です。

私達のデザイン

シンプルな造形にこだわり、素材に対する素直な感性を研ぎ澄ませること。住居を住むための器、そこに住まう人や生活を料理と例えるなら、盛られた料理をそっと引き立てる白磁や粉引きの器のような建築を考えています。

派手なオブジェのようなもの、絵付けで飾られたものや土っぽいものの魅力を否定しませんが、主役である中身(人・生活)を疎かにして、それらの魅力が成り立つこともないと考えています。雑味を削る行為とまがいものでない素材によって、生活に寄り添う「住むための器」を創りだすこと。これが私達のデザインの基本姿勢です。

住まいにおいて大切なこと

住まいで一番大切なのは、そこに住みたいという気持ちです。私達はクライアント(依頼主)とのお話のなかから動機付を行い、住まいのテーマを探しだし提案します。建物の完成まで(時にはその後も)それを繰り返します。住宅の設計は特に時間や体力を要する仕事です。それは私達のみならず、私達に依頼されるクライアントも同じだけの時間や体力を要するものです。

住宅設計で一番に考えること

環境とじっくり向き合うこと。環境とは、計画をとりまくすべての与条件であり、気候・風土・地域・クライアント・法律等、様々なものを意味します。これら環境は条件としてあらかじめ明示されるものばかりではなく、ときに時間をかけて感じ、読み取るものでもあります。できるだけ先入観のないニュートラルな状態で環境と対話を繰り返し、発想を引きだしてくることを心掛けています。

構造について

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造等の構造は地盤調査を行い、敷地の耐力や工期、コスト、好みによって依頼主と協議して決定します。最近の災害で特に感じることは、構造の安心感です。

素材について

素材は様々なものを使いますが、共通しているのは「ごまかしのない素材」を用いるということです。建物外部は厳しい自然環境の中で長く維持できるように硬質な素材を使うことが多く、人が触れる内部は柔らかい素材を使います。たとえ安価な素材でも厚手のものを使い、中身のつまった質感を大切にしています。

構造と断熱仕様について

現在、木造と鉄骨造には外断熱工法か現場発泡ウレタン吹付けの内断熱工法を採用しています。コンクリート造は打放し仕上が多いため、現場発泡ウレタン吹付けの内断熱工法を採用しています。コンクリート打放し仕上げは好き嫌いが分かれますが、打設に際して現場に緊張感が生まれるため好んで採用しています。表面に塗装を施し、汚れがつかずメンテナンスサイクルが永くなるような処置をとります。

設備について

近年、住宅における設備の割合が増え、重装備化しています。太陽光や地熱、雨水等の自然エネルギーを活用するパッシブな設備システムの運用にも興味があり、時々チャレンジしています。
ただし、これらはアクティブなシステム(機械式設備)と比較して、コストパフォーマンス(費用対効果)に優れているとは言えず、導入には十分な検討が必要です。また、雨仕舞と密接に関係するため、建物への負担の少ないシンプルな設備をお勧めしています。
設備は躯体の寿命よりはるかに短命ですので、メンテナンスや交換等も十分検討する必要があります。

設計と工事監理の期間について

敷地選定前であれば、物件をみて法規制や建築可能なヴォリュームを提示するところから始めます。敷地が選定済であれば、調査等の準備とクライアントとのインタビュー・打合せに1ヶ月、基本設計に2ヶ月、実施設計に3ヶ月、確認申請及び施工業者選択に2ヶ月、建築(規模・構造により異なります)に約6ヶ月の計14ヶ月、少なくともこの位の期間はかかります。依頼主様(クライアント)のご協力により多少の期間短縮は可能ですが、予定期間より長くなることのほうが多いようです。

設計監理の仕事について

設計は大きく分けて、以下になります。これらの仕事は一連のものとして契約を致します。それは、長い期間をかける設計という仕事が、計画の基本方針に常に立返りつつ現実とのすり合わせを行なう一連の過程としてあるからです。

基本設計 様々な条件を整理し、設計の方向性やヴォリューム、形態等を大まかに決定します。
実施設計 基本設計をもとに見積や施工のための図面を作製します。
施工監理 建築確認の申請や施工業者の選定、施工中には現場の進行状況や施工精度をチェックする監理業務も含まれます。

設計監理料の目安について

設計監理料は、建築の用途・規模(総工費)・構造によって変わります。木造住宅の場合の大まかな目安として、工事費の10~15%+消費税です。構造がRC・鉄骨造等であったり、木造でも特殊な工法であったりする場合は構造設計料、特殊な設備工法の場合は設備設計料の加算をお願いします。

設計監理料には確認申請代行料を含みますが、申請印紙料等は含みません。確認申請以外の申請がある場合には、設計料の加算をお願いします。ただし上記設計料は目安であり、その時々のご相談に応じます。

費用の発生段階について

初回は無料です。当事務所の設計の考え方、進め方、過去の作品の概要等の説明を行ない、依頼主様のお話を伺います。それ以降は、できるだけ契約を前提にして話を進めます。
「考え方は気に入ったが、本契約にはもう少し時間がほしい」という方には、時間単位のスポット契約もあります。この場合、本契約に移れば基本設計として解消します。
契約はお互いの業務と権利の範囲を決める重要な事柄です。最初の打合せ時に詳しくご説明いたします。

建物の見学について

「この建物が見たい」というご要望がありましたらご連絡ください。また、時期が合えば建築完成時にご案内できることもあります。

  • PAGE TOP

Kawatsu Hiroshi かわつひろし建築工房

事務所名 かわつひろし建築工房
住所 〒810-0033
福岡市中央区小笹 3-13-25
3-13-25 Ozasa Chuo-ku Fukuoka 810-0033 Japan
TEL 092-524-9178
FAX 092-524-9018
MAIL info@kawatsu-arc.com
URL http://www.kawatsu-arc.com
代表者 川津悠嗣
アクセスマップ 〒810-0033 福岡市中央区小笹 3-13-25
  • PAGE TOP